とっても便利なデビットカードとは?

とっても便利なデビットカードとは?

キャッシュカードでお買い物

デビットカードとは、キャッシュカードにVISAやMASTERなどのロゴがついていて、クレジットカードのようにショッピングや飲食の支払いに使うことができるカードのことです。クレジットカードの一種ではないのかと思っている人はとても多いですね。ショップやレストランで利用する際にはクレジットカードと同じような感じで使えますし、デビットカードを持っていると、お財布に現金を持ち歩かなくてもショッピングができるので、とても便利です。クレジットカードよりもおすすめのメリットもあります。

クレジットカードとの違い

デビットカードとクレジットカードには大きな違いがあります。クレジットカードというのは「信用で後払いするシステム」なので、リボ払いや分割払いを希望しない限りは、利用した金額は全額まとめて翌月一括払いとなります。一方、デビットカードは利用するとリアルタイムで銀行口座から引き落とされる仕組みとなっているので、クレジットカードのような後払いシステムではありません。銀行口座に残高がなければデビットカードで買い物しようとしても承認されないので、銀行にお金がなければ使うことができず、クレジットカードのように返済能力を超えて使いすぎてしまうというリスクがありません。

デビットカードのメリットとは

デビットカードのメリットは、使った分はリアルタイムに銀行口座から引き落とされるので使いすぎる心配がないということです。クレジットカードの場合には、翌月に全額が一括で引き落とされますから、自分でいくら使ったのかをきちんと管理しておかなければいけません。クレジットカードの場合、利用上限は自分の返済能力とは関係なく設定されているので、ついつい使いすぎてしまうと返済できなくなり、トラブルの原因となってしまいます。しかし、デビットカードの場合には利用できる上限額は自分の銀行口座の残高なので、使いすぎて返済できなくなってしまう心配がないのです。

デビットカードには他にもメリットがあります。クレジットカードを持っていなくても、デビットカードがあればショッピングやレストランでの食事の支払いに使えるということです。現金がなくてもデビットカード払いができますし、使った分は銀行口座からすぐに引き落とされるので、現金を持ち歩く必要がなく、ATMに行く回数を減らすことができます。

ネット通販などでもデビットカードはとても便利です。クレジットカードを持っていない人にとっては、ネット通販は意外と不便なことが多いもの。代金の支払いで銀行振り込みにすると確認作業などで時間がかかりますし、代金引換だと手数料が高くついてしまいます。しかしデビットカードがあれば、クレジットカード決済と同じように迅速な対応をしてもらえるので、ネット通販が楽しく使いやすくなります。

気になるデメリット

デビットカードにはデメリットもあります。それは、銀行口座に残高がなければ使えないということです。例えば、お給料日までにあと数日あって食費すら出せないという場合には、クレジットカードがあれば食費をカード払いにすることができます。しかし、デビットカードの場合には、銀行口座に残高がなければ数日間でも「前借」することはできないので使用不可ということになります。このカードは「買い物にも使えるキャッシュカード」と考えるととても分かりやすく、自分が銀行口座に持っている金額までしか使うことができないのです。

審査はどうなるのか

クレジットカードに申し込むと、その人の収入や返済能力などが審査されて、審査に通らなければカードを作ることはできません。しかしデビットカードは基本的には銀行のキャッシュカードにVISAやMASTERなどのロゴをつけたものですし、クレジットカードのように信用で後払いをするタイプのカードではないので、審査が行われることはありません。銀行口座を開設するとほぼ自動的にキャッシュカードを発行してもらえるように、デビットカードも取り扱っている銀行なら審査を行うことなく自動的に発行してもらうことができます。また、クレジットカード審査に通らない方にもデビットカードはおすすめなのです。